ハンドメイドコスメブランドのラッシュ(LUSH)が、アメリカで打ち出したヌードなキャンペーンが話題になっている。

「余分なパッケージを脱ぎ捨てよう」

 日本でも大人気のコスメブランドであるラッシュ(LUSH)のポリシーの1つに「余分なパッケージを脱ぎ捨てよう」というスローガンがある。

画像1: 「余分なパッケージを脱ぎ捨てよう」

 これは地球環境の保護の観点から、廃棄されるパッケージの削減を目指すパッケージレスな商品を提案するというポリシー。

 このポリシーにもとづいて実施された米ラッシュのキャンペーンが、ネット上で話題になっている。

画像2: 「余分なパッケージを脱ぎ捨てよう」

「裸にエプロン」で接客

 そのキャンペーンとは、ラッシュのスタッフたちが任意で裸にエプロンをつけて接客し「余分なパッケージを脱ぎ捨てよう」というポリシーを体現するというもの。

Instagram投稿の投稿者: Lush Cosmetics North Americaさん 日時: 2017 5月 31 10:00午後 UTC

www.instagram.com


 北米の数店舗で行われたこのキャンペーンの様子が、公式インスタグラムアカウントに投稿されると、わずか数時間で2,000を超えるコメントが寄せられた。

Instagram投稿の投稿者: Amanda Proeberさん 日時: 2017 5月 31 6:06午後 UTC

www.instagram.com

 店員が「裸にエプロン」姿になるという挑戦的なキャンペーンだけに、炎上してしまうと思われたけれど、意外にも「こういうの好き」「変だけどいいと思う!」という好意的な意見が多かった。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.