LGBT+の象徴のレインボーフラッグをデザインした美術家ギルバート・ベイカーの生誕66年を記念して、本日6月2日にGoogle(グーグル)のロゴがレインボー色になった。

LGBT+の象徴となったレインボーフラッグ

 美術家のギルバート・ベイカーが創ったレインボーフラッグは、LGBT+のシンボルとして知られ、LGBT+コミュニティの自由を表現することに大きく貢献している。

画像1: LGBT+の象徴となったレインボーフラッグ

 Google社は、2017年3月に亡くなってしまったギルバートの功績を称えて、生誕66年となる6月2日にGoogleのロゴをレインボーフラッグがモチーフになったものに変更。

 現在、このレインボーのドゥードゥルは、日本をはじめアメリカやヨーロッパ諸国、南米諸国で表示されている。

画像2: LGBT+の象徴となったレインボーフラッグ

6月は「LGBT+プライド月間」

 レインボーフラッグが「ドゥードゥル」になった背景は、ギルバートの功績を称えるだけのためだけではない。

 アメリカでは6月は「LGBT+プライド月間」という、LGBT+の権利について考えるために設けられた期間となっていて、世界各地でLGBTQへの理解を深めるための活動やイベントが活発的に行われている。
 セレーナ・ゴメスもこの「LGBT+プライド月間」に、LGBT+コミュニティへ熱いメッセージを送った。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.