ブリトニー・スピアーズが15年ぶりとなる来日公演で東京のオーディエンスを熱狂させた。

15年ぶりの来日でツアー幕開け

 シンガーのブリトニー・スピアーズが、6月3日・4日に国立代々木競技場第一体育館で「ブリトニー:LIVE IN CONCERT」の東京公演を実施。

 2013年からラスベガスで続いている常設公演「ブリトニー:ピース・オブ・ミー」をワールドツアー版へとアレンジした今回のツアーは、ここ日本での幕開けとなった。

ヒット曲メガミックスに熱狂 

 3日・4日の東京公演をほぼスケージュール通りにスタートしたブリトニーは、「ワーク・ビッチ」「ウーマナイザー」「ベイビー・ワン・モア・タイム」「アイム・ア・スレイヴ・フォー・ユー」など、キャリアを代表するヒット曲を次々とパフォーマンス。超満員の客席を盛り上げた。

 さらにブリトニーは、「メイク・ミー... feat. Gイージー」「スランバー・パーティー」など最新アルバム『グローリー』の曲を挟みながら、ラストの「ティル・ザ・ワールド・エンズ」では紙吹雪が舞うなか観客全員でジャンプしながらフィニッシュ。

画像: ヒット曲メガミックスに熱狂

 日本公演は「ブリトニー:LIVE IN CONCERT」を封切る公演だっただけに、世界のブリトニー・ファンも注目しており、ネット上では日本公演の情報が話題になっていた。

 ブリトニーは6月6日(火)に大阪城ホールにて日本最終公演を行い、次はソウルへと飛ぶ。

ブリトニー:LIVE IN CONCERT
6月6日(火) 大阪 大阪城ホール
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKETS: プレミアム指定席¥24,000-(税込・グッズ付) S指定席¥14,000-
(税込) A指定席¥11,000-(税込)
※4歳以上のお子様はチケットが必要となります。3歳以下入場不可。
<問>キョードーインフォメーション 0570-200-888
協力:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 
企画・制作・招聘:クリエイティブマンプロダクション/LIVE NATION JAPAN

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.