アリアナ・グランデ主催の慈善コンサート、『ワン・ラヴ・マンチェスター(One Love Manchester)』のビデオレターに登場した豪華ゲストのメッセージをご紹介。

ビデオレターに登場した名だたる面々

 マンチェスター慈善公演『ワン・ラヴ・マンチェスター(One Love Manchester)』に、出席できなかった豪華ゲストの送った感動のビデオレター。

デヴィッド・ベッカム

 今回のイベントに行くことができなくてごめんなさい。マンチェスターは、僕が長く暮らしていた場所で、そこに住む人々は僕の人生でとても特別です。
 また、父親として今回の事件は、真に悲しく、この日を決して忘れません。そして今日、会場に来た皆さんとすべてのアーティストを誇りに思います。
 今日という日を、あの夜に起きた事件が忘れ去られてしまわないようにするために捧げ、マンチェスターという愛すべき素敵な街のために祝福します。

ポール・マッカートニー

 マンチェスターの皆さん、こんにちは。アリアナが開催してくれたこのイベントに、私の愛とサポートを送ります。
 マンチェスターは、世界中の心の中にいます。ビートルズのメンバーを代表して愛を送ります。

デミ・ロヴァート

事件の被害者とその家族の皆さまへ、お悔やみ申し上げます。マンチェスターを支援します。

ケンダル・ジェンナー

 マンチェスターで起きた悲惨な事故に巻き込まれてしまった被害者とその家族へ、私の祈りを送ります。がんばってください。

21パイロッツ

 平和と穏やかな生活は、誰によっても奪われてはいけないものです。僕たちアーティストにとってライブというものは大切で、それを悲惨な事故で奪われる事がないように祈ります。
 音楽の力でマンチェスターを支援します。

スティーヴィー・ワンダー

 マンチェスターの皆さまへ、愛は本当に大切なものだという事を伝えます。
 どんな人種・民族、そして宗教でも、愛が大事なのです。もし誰かが、こうした悲惨な出来事に神が関係しているというのなら、それは嘘です。マンチェスター、私はあなたを支援します。

 ほかにもカミラ・カベロ、チャンス・ザ・ラッパー、チェイン・スモーカーズ、ショーン・メンデス、リタ・オラほか、多くの豪華ゲストがマンチェスターを支援することを誓うビデオメッセージを送った。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.