ドラマ『ジェーン・ザ・ヴァージン』の主演女優ジーナ・ロドリゲスが、バラク・オバマ氏と対面し大興奮。

オバマ氏と対面して大興奮

 ドラマ『ジェーン・ザ・ヴァージン』で、ヴァージンなのに医師のミスで妊娠してしまった主人公ジェーンを演じたジーナ・ロドリゲス。

 ジーナは2017年1月に、アメリカ大統領として任期終了間近だったバラク・オバマ氏と念願の初対面を果たした。
 イリノイ州シカゴ出身のジーナと、イリノイ州議会議員として政界に足を踏み入れたオバマ氏だけに、地元トークに花が咲いた2人。

画像: オバマ氏と対面して大興奮

 オバマ氏を目の前にしたジーナは、思わず一緒にセルフィーを撮ってほしいとオファーした。
快く承諾してくれたオバマ氏との2ショットを、ジーナは自身のインスタグラムに投稿。

Instagram投稿の投稿者: Gina Rodriguezさん 日時: 2017 1月 19 10:54午後 UTC

www.instagram.com

 ジーナが投稿した写真に添えたコメントには、「自撮りしてもいいって大統領が言ってくれたら、どんな顔すればいいの!?!?」と、念願の対面にポーズを決められないほど興奮したことを明かした。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.