英ロイヤル・ファミリーのヘンリー王子が、生まれながらに王族として生活する彼の心境を語った。

誰も国王にはなりたくない?

 国王になる事が約束されたウィリアム王子の弟ヘンリー王子が、米Newsweek誌のインタビューで、「王族で国王になりたいと思っている人などいないでしょう。少なくとも私はそうは思わない。それでもきちんと公務を全うするのです」と衝撃的な発言をした。

 今まで築いてきた長いロイヤル・ファミリーの歴史を崩さないように、かつ一国を発展させるために努めなければいけないプレッシャーのなかでの生活は「だれも望むことではない」と発言し、王室ならではのリアルを語ったヘンリー王子。

画像: 誰も国王にはなりたくない?

最愛なる母の死も公務を全う

 ヘンリー王子がそう発言するのには、ウィリアム王子とヘンリー王子の母親であるダイアナ妃の悲劇の死が関係する。

 イギリス全体を震撼させた出来事であると同時に、ヘンリー王子にとっても、最愛の母親を亡くしてしまい、その悲しみは死後20年経っても消えることのない深い傷となった。

画像: 最愛なる母の死も公務を全う

 それでも公務を全うし、国家を支えていかがければいけないロイヤル・ファミリーとしての重圧を、赤裸々に告白した。

This article is a sponsored article by
''.