イギリスのある学校が、男子生徒に暑くても半ズボン禁止と言ったところ、複数の生徒がスカートを履いて登校し抗議をした。

「暑くても半ズボン禁止」

 イギリスにあるISCAアカデミーが、男子生徒に対し暑くても半ズボンは禁止という校則を提示。今イギリスでは夏には30度を超える暑さにもなり、長ズボンは男子生徒にとってはかなり暑いことは間違いない。

 校長が「履きたければスカートを履けばいい」と発言したところ、複数の男子生徒が女子生徒から制服のスカートを借りて、次の日にスカートで登校し、抗議の意を示した。 

画像1: 「暑くても半ズボン禁止」

 ニュースメディアINDEPENDENTのインタヴューに生徒の親が答えた際、「抗議の電話をしたら、『半ズボンで登校させたらその生徒は隔離室に移動させるし、もし欠席させたら無許可欠席とみなす』と言われました」と話した。

画像2: 「暑くても半ズボン禁止」

 ほかの親は、「子供たちはただ不公平な扱いを受けたくないんです。男子生徒たちは、自分たちが長ズボン、スニーカーやブレザーを着ているにもかかわらず、女性の先生がサンダルを履いたり、涼しそうなスカートやトップスを着ているのを見ています。それで彼らは猛暑になっても半ズボンを履けないというのは、フェアじゃないと考えているんです」と代弁した。

画像3: 「暑くても半ズボン禁止」

 結果、彼らの勇気ある行動により学校は改めてこの校則を考え直すことにしたそう。ネット上では、「素晴らしい世代」「この子たちは伝説ね」と称賛の声が上がっている。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.