夏に旅行を考えている人も多いはず。そこで今回は、アメリカ・ニューヨークでインスタ映えばっちりのフォトジェニックなスポットを5つご紹介します。

ハイライン

 空中公園とも呼ばれるハイラインは、使われなくなった鉄道を建設しなおした2.3kmにも及ぶ長い公園。自然もたくさんあり、途中でカフェやベンチも設置してあるので休憩をしながらゆっくり散歩ができる。

画像: ©archisdes

©archisdes

 途中、ニューヨークの街並みや個性的な建物、ストリートアートを上から眺めることができるのも魅力の1つ。途中で何ヵ所かエレベーターや階段があるので、途中で下りることもできる。

画像: ©_jlawr

©_jlawr

画像: ©ly.voi こんな休憩スポットも。

©ly.voi こんな休憩スポットも。

アクセス:Gansevoort Street~34th Street間

ACE HOTEL(エース・ホテル)

 ロンドンやロサンゼルスなど世界で9ヵ所にあるACE HOTEL。入口から受付、ロビー、トイレまでインスタ映えする空間が広がる。無料Wi-fiも通っているので、休憩にも◎。

画像: ©thebanneryears

©thebanneryears

 ロビーにはバーもあるので夜は人でにぎわっている。さらに、コーヒーショップとカフェも隣接しているので、そこもチェックするのがオススメ。地下のトイレもシックでオシャレなのでマスト。

画像: ©kaorimix

©kaorimix

画像: ©marketgaja

©marketgaja

 隣接しているコーヒーショップ、スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ。

アクセス:20 W 29th St, New York, NY 10001

キース・へリングの壁画

 ハーレムにある「Crack is Wack Playground」という公園には、1980年代にストリートアートで有名になったキース・へリングの、数少ない公共の場で見られる壁画が置かれている。

画像: ©susikenna

©susikenna

 「CRACK IS WACK!(麻薬なんてバカげてる)」という麻薬撲滅キャンペーンの一環として制作させたこの壁画は、インパクト大。©

画像: ©sofiapaz1227

©sofiapaz1227

 反対側には全面赤色の違うバーションの壁画がある。

アクセス:E 127th St, New York, NY 10035

マンハッタンを一望できるメリー・ゴーランド

 都会に比べたら落ち着いた雰囲気で、レンガ造りのオシャレな建物が立ち並ぶブルックリンにあるDUMBO(ダンボ)という場所。そこにあるメリー・ゴーランド「ジェーンズ・カルーセル」は、とてもフォトジェニックでインスタ映え確実。

画像: ©jfeehan

©jfeehan

 DUMBO開発に関わったある夫婦が、1984年にオークションで購入し、それから25年の歳月をかけて修復したそう。1回乗るチケットはたったの2ドル(約220円)と激安なので、是非乗ってみては?

画像: ©lovelymrsyi

©lovelymrsyi

 DUMBOからはマンハッタンが一望できるので、メリー・ゴーランドに乗りながら大都会を眺めるという贅沢な体験もできる。

画像: ©nickymuk

©nickymuk

 夜になると綺麗にライトアップされるので、夜に来て写真を撮るのもオススメ。

アクセス:Dock St, Brooklyn, NY 11201

コニーアイランド

 ちょっと足を伸ばして、マンハッタンから1時間地下鉄に乗った先にあるコニーアイランド。都会からすぐ行けるリゾート地として夏に大人気のこの場所は、とくにビーチと遊園地が人でにぎわっている。

画像: ©elenevermind

©elenevermind

画像: ©hi.eugene

©hi.eugene

 遊園地のルナ・パークは、アメリカ最古の遊園地と言われていてレトロな雰囲気が漂っている。入園料は無料なので、可愛いアトラクションを眺めるだけでも楽しい。どこを撮っても絵になる空間にシャッターが止まらないこと間違いなし。

画像: ©ipoohbear

©ipoohbear

画像: ©ptpilatescoach

©ptpilatescoach

 観覧車は夜になると綺麗にライトアップ!

アクセス:Surf Ave, Brooklyn, NY 11224

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.