ジャスティン・ビーバーが履いていたスニーカーがネットオークションに約63万円で出品された。

7月4日まで入札可能

 先日、ドイツのフランクフルトでコンサートを行った、人気シンガーのジャスティン・ビーバーが同公演で履いていたとされるスニーカーが、米大手ネットオークションサイトのebayに約63万円で出品された。

画像1: 7月4日まで入札可能

 米情報サイトTMZによると、この公演の最中に履いていたスニーカーを片方ずつ客席に向かって投げたというジャスティン。

 この度、幸運にもジャスティンが投げた片方のスニーカー(右足用)をゲットすることに成功したファンが、オークションに出品することにした模様。ちなみに、スニーカーの種類は、ラッパーのカニエ・ウェストがアディダスとコラボしてプロデュースした「Yeezy(イージー)」のもの。

画像2: 7月4日まで入札可能


 「自分はそこまでコアなビリーバー(※)じゃないから」という理由で、手放すことを決意したという出品者は、入札された金額の一部を地元のチャリティ団体に寄付することを明かしている。

 ※ジャスティンのファンの愛称。

 7月4日まで出品されているようなので、もし興味のある方はコチラからどうぞ。

 さて、気になるもう片方のスニーカーの行方はというと、「@theleftyeezy(左足用のイージー)」という名前でちゃっかりインスタグラムを開設。

 なんとすでに7,000人以上のフォロワーがいる人気アカウントに。ジャスティン効果、恐るべし。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.