ある男性がフェイスブックで部屋探しをしたところ、カッコよすぎるルックスに注目が集まってしまいちょっとした大騒ぎに。

 パキスタン出身の男性リーアン・ムニール(26)が、ニューヨークで1ヵ月間だけ滞在できる場所を探すため、フェイスブックの掲示板を使って住む部屋を提供してくれる人を募集。

 「こんにちは、リーアンです。ニューヨークのアッパー・イースト・サイド、アッパー・ウェスト・サイド、もしくはミッドタウンで借りられる家具付きの部屋を探しています。(中略)私は26歳の医師で、マウント・サイナイ・ハート・ホスピタルで働く予定です。私はプロフェッショナルでフレンドリーなので、暮らしやすいと思います。何より、身の回りを清潔に保つことこそが私にとっての優先事項です」

画像: 医者とモデルの二刀流!部屋探し中のイケメン男性にオファー殺到

 ところがこの投稿を見た人の多くが、本来の目的である「部屋探し」そっちのけで、リーアンのハンサムなルックスに夢中に。

 実はリーアンには医者という肩書きのほかに、母国パキスタンでモデルとして活動していた過去が。彼の姿を掲示板で見た人たちがメロメロになってしまうのも無理はない。

 ちなみに、外見にばかり注目がいってしまったせいか、いまだ住む部屋が見つかっていないというリーアン。現在、恋人はいないそうだが、「今は仕事に集中したい」と取材を受けた米HuffPostに明かしている。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.