ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズが、映画に出演するために劇的イメチェンした時の心境を語った。

『ダンケルク』で役者デビュー

 ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズが、映画『ダンケルク』で役者デビューするにあたり、何年も変えてこなかったロングヘアを散髪し、イメチェンした。

画像: 『ダンケルク』で役者デビュー

 ハリーといえばロングヘアという代名詞だったヘアスタイルだけに、ショートカットになった後は、ファンからも驚きの声が殺到。
ハリー自身も、散髪した髪の毛の記念写真を撮って、自身のインスタグラムに投稿するほど大きな変化だっただけに、さぞかし思い入れがあったと言われていた。

@harrystylesがシェアした投稿 -

ハリーがイメチェンについてコメント

 先日E!NEWSのインタビューに登場したハリーは、バッサリと切った髪の毛について問われると、意外にも「あんまり考えていなかった」と楽観的な回答が。

 代名詞ともいえるロングヘアを散髪することよりも、役者デビューすることの方が楽しみだったという。

画像: ハリーがイメチェンについてコメント

 映画の舞台が戦時中というセッティングなだけ、ハリーは自身のロングヘアとはお別れしなくてはいけなかったことを、察していたそう。

 そんなハリーは、イメチェンしたヘアスタイルについて「耳のうしろが涼しくなって、イイ感じ」と、まんざらでもない様子でショートヘアを楽しんでいる。

 そんなハリーの役者デビューとなる映画『ダンケルク』は、9月9日に日本公開される。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.