アメリカのノースカロライナ州で、ホームパーティの苦情の通報を受けて、やってきた警察官が、ある事で一躍有名人に。

苦情を受けてやってきた警察官

 アメリカ、ノースカロライナ州の住宅街で行われていたホームパーティで、ある「苦情」の通報を受けて警官2人が駆け付けた。

 7月4日のアメリカ独立記念日を記念して開いたホームパーティで、近所のお父さんが路上にウォータースライダーを勝手に作ってしまった。

 現場に到着した警察官キャリー・リーとジョー・ジョナスは、そのウォータースライダーが公共道路の邪魔になっているという苦情に対して、十分な道が確保されていると判断。

 自家製ウォータースライダーは撤去されることなく、無事にホームパーティは継続された。

任務完了かと思いきや…

 こうして2人の任務は完了されたかと思いきや、警官の1人キャリーがおもむろにゴミ袋を取り出し、ウォータースライダーに乗ってパーティに参加。

画像: Police Join The Slip n' Slide Fun! www.youtube.com

Police Join The Slip n' Slide Fun!

www.youtube.com

 もう1人の警官ジョーもはじめは躊躇するも、近所の子供たちに囲まれ、結局2人ともパーティに参加し、ウォータースライダーを楽しんだ。

画像: WLOS on Twitter twitter.com

WLOS on Twitter

twitter.com

 やがて警察官がウォータースライダーで遊んでいると話題になり、2人の警官はニュース番組『CNN』に出演して一躍時の人に。

画像: Asheville Police on Twitter twitter.com

Asheville Police on Twitter

twitter.com

 通報した住民もこれには笑うしかなかったよう。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.