昨年のテニス男子世界ランク1位のアンディ・マリーが、スポーツ記者が発した女性アスリートを軽視した発言にかっこよすぎるリアクションをした。

 英ウィンブルドンでアメリカのサム・クエリーに敗れたイギリスのアンディ・マリー。試合後の記者会見で、記者のひとりがこう質問を始めた。

 「アメリカのテニス選手がメジャーな大会で準決勝に進むのは、2009年以降はサムが初めてですが…」

 するとこの発言を遮るように、アンディが「男性選手」とひと言。

 記者が「すみません、もう一度おっしゃって頂けますか?」と聞き返すと、もう一度、「(初めての)男性選手ですよね?」と返答。「あ、ええ、そうですね」と記者が笑うと会場からも笑いがこぼれたが、アンディは一切笑うことはなかった。

 アンディが言うように、男子だけで見ると2009年以降にグランドスラムで準決勝まで勝ち進んだアメリカ人選手は確かにサムが初めてだけれど、女子も含めると、セリーナ・ウィリアムスが10個以上ものメジャーなタイトルを獲得している。

 男子テニス強豪のアンディは、以前から、テニス界で女子選手が格下に見られやすいことに反対姿勢を示している。自身でもトップレベルのテニス選手として初めて女性コーチを起用し、2016年のリオ五輪で優勝した時には記者に「オリンピックのテニスで金メダルを2つも勝ちとったのはあなたが初めて」と言われ、「ヴィーナスとセリーナ(ウィリアムズ姉妹)は確かそれぞれ金を4つとってるんじゃないかな」とさらりと返して話題になった。

 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.