とあるアメリカ人女性が飛行機の機内で体験した「悪夢」のような出来事に大反響が巻き起こっている。

空いていた座席の両脇から…

 アメリカの格安航空会社ジェットブルー航空を利用した女性客ジェシカ・チャーが、自身のSNSに投稿した写真が大きな話題に。

 カリフォルニア州のロングビーチからサン・フランシスコ行きの便に乗ったジェシカは、自身の座席の列にほかに乗客がいないことに喜び、以下の写真を投稿。写真には、「飛行機の座席に大好きな2人と」というジョークも添えられていた。

 ところが、その直後ジェシカの身に悲劇が起こる。

 なんと、空いていた座席の両脇から靴下を履いていない足が2本、にょっきりと現れたのだ。

 幸い、10分ほど後に通りかかった客室乗務員の注意によって「足」は引込められたというが、誰だってこんな光景を見れば不快な気分に。しかも、ジェシカいわく片方の「足」が飛行機の窓を開閉するという場面もあったとか。

 たとえ足が置かれた席に乗客はいなかったとはいえ、あまりにも非常識な行動。ジェシカはこの一件について、「自分で何か言うこともできたけど、放っておいてネットに投稿しようと考えたの。今後、こういう行動をする人に考えを改めさせるためにね」と、米People誌に語っている。

 ちなみに、ジェシカによるとこの「足」の持ち主は小柄な女性だったそうで、「彼女の体格なら(座席の間に)十分にスペースはあった」と、この女性の行為を非難した。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.