バックストリート・ボーイズのニック・カーターの弟で、シンガーのアーロン・カーターがバイセクシャルであることを告白した。

自分の中の「重荷」をなくすことを決意

 2000年代初頭に人気アイドルとして活躍していたアーロン・カーターが、自身のインスタグラムでバイセクシャルであることを初めて公にした。

画像1: 自分の中の「重荷」をなくすことを決意

 「人生の半分以上もの間、ずっと自分の胸につっかえていたある事を打ち明けたいんだ」

 自分の中にある「重荷」をなくすためにある事を話したい、と切り出したアーロンは続けてこう話した。

 「幼い頃からエンターテインメント業界にいるけど、13歳ぐらいの時から男の子と女の子の両方に興味を持つようになった。(興味を持っただけで)それから何年か経ち、17歳の時にまたその事について考えるようになった。何人かの女の子と付き合ったあと、好意を抱いていたある男性と関係を持ったんだ。その人は仕事を通して一緒に育った人でもあった」


 10代前半の頃に、女性だけでなく男性へも興味を持ち始めたことを告白したアーロンは、その後の音楽活動が彼にとって大きな心の支えになっていたことを明かした。

 今回の告白に、多くのファンから「勇気がわいた」「自分のことを大事に」といった励ましや共感のコメントが届いている。

画像2: 自分の中の「重荷」をなくすことを決意

 ちなみに、アーロンはこの告白をする直前に恋人マディソン・パーカーと破局。バイセクシャルであることが破局の一因かはわからないが、つい最近Entertainment Weeklyのインタヴューで、彼女との「結婚を考えている」と発言をしていただけに、この破局には驚きの声が上がっている。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.