イギリス王室のヘンリー王子が、恋人であるアメリカ人女優のメーガン・マークルの誕生日を記念してアフリカ旅行に飛び立った。

「第二の故郷」へ誕生日の記念旅行

 昨年から公式に交際をスタートさせたヘンリー王子と、恋人のメーガン・マークル。2人は8月4日で36歳になったメーガンの誕生日を記念してバースデー旅行に出発した。

 2人が旅先に選んだのは、かねてからヘンリー王子が「第二の故郷」と公言しているアフリカ大陸の中央部分にあるボツワナ共和国。
 ヘンリー王子が後援者を務めるサイの動物愛護機関があるボツワナ共和国は、彼がリラックスする時にも頻繁に訪れている場所。

 そんな場所でロマンチックな時を過ごすヘンリー王子が、ついにメーガンにプロポーズするのではないかという噂が一部で立っている。

画像1: 「第二の故郷」へ誕生日の記念旅行

 The Sun誌によると、ヘンリー王子がロマンチックな旅を以前から計画していたことを王室関係者が語ったといい、9月で33歳の誕生日を迎える前までに婚約したいという意向も示していたという噂もある。

 さらにアフリカといえば、ウィリアム王子がキャサリン妃にプロポーズした場所。

 そんなロイヤル王室ゆかりの地にヘンリー王子がメーガンを連れて行ったこと、さらに、王室関係者がThe Sun誌に「ヘンリー王子はこのバケーションを彼女にとって忘れられないものにするでしょう」と語っていることも加わり、プロポーズするのではないかという期待が高まっている。

画像2: 「第二の故郷」へ誕生日の記念旅行

 とはいえ、今年4月には婚約の噂が報道され、翌月5月には同棲を開始したという噂が流れ、2人の関係の進展についての誤報が立て続いているため、公式発表がでるまで真相は謎のまま。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.