映画『トワイライト』のロバート・パティンソンが、大ブレイクした同映画をクビになりかけていたことを告白した。

空前の大ヒットとなった『トワイライト』

 シリーズ累計30億円以上を記録した大ヒット映画『トワイライト』シリーズ。

 クリステン・スチュワートが演じた主人公ベラと恋に落ちる、超美形ヴァンパイアのエドワード・カレン役を演じたロバート・パティンソンが、同映画でクビ宣告を受けていたことを告白した。

 そのワケとは、「笑顔」が足りないからということ。監督から「笑って」という指示をされても、それに反した演技をしたことでお叱りを受けたことで、クビになりかけたそう。

画像1: 空前の大ヒットとなった『トワイライト』

 というのも、ロバートは原作となった書籍を読んでおり、映画に登場するキャラクター像が、ロバートの考えるキャラクター像と少し異なっていたから。

 自分の考える「エドワード像」とは、笑顔など見せない冷酷なキャラクターだったのに対して、映画での「エドワード像」は笑顔を見せて感情を表すキャラクター。

画像2: 空前の大ヒットとなった『トワイライト』

そんな価値観のずれで監督の要望に応えられなかったために、クビ宣告を受けてしまったけれど、エージェントの説得も受けて見事エドワードを演じ切ったロバート。

 結果、映画は大ヒット。ロバートはじめイケメンが多く出演したこの映画は、ヴァンパイアのエドワード派の「チーム・エドワード」と、テイラー・ロートナーが演じた狼男のジェイコブ・ブラック派の「チーム・ジェイコブ」という、2大イケメン派閥ができるほど、熱狂的な人気を集めた。


画像3: 空前の大ヒットとなった『トワイライト』

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.