ポジティヴな恋愛ソングがお得意のカーリー・レイ・ジェプセンが、自身の失恋話をフロントロウ編集部に明かしてくれた。

失恋から立ち直る方法

 人気シンガー、カーリー・レイ・ジェプセンといえば、前向きな恋愛ソングが魅力だけれど、彼女だって恋愛で悲しい気持ちになったことが。
 そんなカーリーが過去に失恋したことをきっかけに、1人旅に出たことを告白。

 失恋を乗り越えるステップとなった1人旅のエピソードを、フロントロウ編集部に明かしてくれた。

画像: 失恋から立ち直る方法

イタリアへ一人旅

 恋人と別れてしまったカーリーは、つらい気持ちを切り替えるために1人旅を決意。

「イタリアに3週間の一人旅に行ったんだけど、とくにポジターノという町が最高に素晴らしかったわ。
 
 (1人旅を決意した理由は)ボーイフレンドと別れちゃったこともあって、自分の時間を作りたかったというか、自分探しというか、そういう時間が必要だったの。ちょっとだけ仕事から離れて、いつもの生活から逃げ出したかった。
 
 今でも覚えているのが、目が覚めた途端に「1人でイタリアに行く」って声に出して言ったの。その直後には「え?行くの?」って自分に問いかけたもん(笑)。
 
 でもやっぱり1人旅はしてみたかったことだし、クレイジーな体験もたくさんあったけど、行ってよかったと思っている。
 
 もちろん独りがつらくなった瞬間もあったけどね。でもほとんどの時間は、日ごろのご褒美になった」

 日常生活から距離を置き、新しいことに挑戦して、気持ちを切り替えることで失恋を乗り越えたカーリーだった。

 カーリーの失恋経験からインスピレーションを受けた楽曲も収録されているニューアルバム『カット・トゥ・ザ・フィーリング〜エモーション・サイドB+』は、好評発売中。

画像: イタリアへ一人旅

『カット・トゥ・ザ・フィーリング〜エモーション・サイドB+』
2017年9月13日(水)発売
UICS-1333/1,800円(+税)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.