オスカー女優のジェニファー・ローレンスが、人気ドラマ『ゴシップガール』のオーディションを受けていた。彼女が「絶対やりたい!」と言っていた役って?

喉から手が出るほどやりたがっていた役とは…

 今月で放送開始から10年を迎え、それを記念してつぎつぎと裏話が放出されているドラマ『ゴシップガール』

 同番組の製作総指揮を務めたプロデューサーのジョシュ・シュワルツが、またこれまで知られていなかった新情報を明かした。

 今回彼が明かしたのは、アカデミー賞の主演女優賞をはじめ、数々の映画アワードを受賞する演技派ながらも、気取らない性格で「愛されオスカー女優」と称されるジェニファー・ローレンスが同作のオーディションを受けていたという意外な事実。

画像: 主演映画『マザー!』のプレミアにて。

主演映画『マザー!』のプレミアにて。

 そして、彼女が希望していたのは、ブレイク・ライヴリーが演じた主人公のセリーナ・ヴァンダーウッドセン!

画像: 喉から手が出るほどやりたがっていた役とは…

 「当時は気がつかなかったんだけど、ジェニファー・ローレンスがオーディションを受けていたようだよ。喉から手が出るほどセリーナ役を欲しがってたらしいんだ」と明かしたジョシュは、「間接的に聞いたんだけど、オーディションに来たことは確かで、落ちてしまって相当へコんでいたらしい」とジェニファーが本気で同番組に出演したがっていたようだと語った。

 彼女のオーディションテープを見たかどうかは「10年前だし、彼女も15歳くらいだったはずだから覚えてないんだ」と少し残念そうに明かした。

画像: 14歳の頃のジェニファー。

14歳の頃のジェニファー。

 ブレイクのキャスティングについては、「ほとんど即決で決めた」と以前のインタビューで明かしていて、いまやオスカー女優として数々の映画に出まくっているジェニファーですら、当時は制作陣の目には留まらなかったということのよう。

 ブレイクは、進学を理由に一度同作への出演を断っていた)ことが最近明らかになったが、もし実際にブレイクが進学を選んでいたら、ジェニファーに声がかかっていた可能性も?

 もしジェニファーがセリーナを演じていたら、『ゴシップガール』はまったく違う作品になっていたかもしれない。そして、彼女の女優としてのキャリアもきっと、まったく別の道を辿っていたことだろう。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.