今大注目のイケメンDJカイゴが、映画『ワイルド・スピード』シリーズのヴィン・ディーゼルとの意外な友情についてフロントロウ編集部に話してくれた。

 今年の9月16/17/18日に行われたダンスミュージックフェスティバルのULTRA JAPANに2度目の出演を果たし、今大注目のDJの1人であるカイゴ。癒し系EDM・トロピカルハウスの代名詞ともいえるカイゴは、インスタグラムによくDJ仲間との写真をアップしている。

画像: DJのアレッソと。

DJのアレッソと。

 DJ仲間とは音楽フェスやクラブで交流があるのは納得だけれど、そんななか有名俳優との2ショットを発見。

『ワイスピ』俳優との意外な友情

 それは、映画『ワイルド・スピード』シリーズのヴィン・ディーゼルとの2ショット。一体どこで出会ったのかカイゴ本人にフロントロウ編集部が突撃!

画像: 『ワイスピ』俳優との意外な友情

 するとカイゴは、「ヴィンに会う前に、彼がビーチで僕のシングル「ファイアーストーン」を聞いて踊るヴィンのビデオを見たことがあったんだよね。そんなことがあって、グラミーのアフターパーティにヴィンがいて、マネージャーが紹介してくれたんだ」と話してくれた。

そこで、気が合って盛り上がった2人は、そのあとヴィンの家へ行き、ピアノを弾いたり歌ったり踊ったりしたそう。

まだ連絡を取ってるの?と聞くと、「もちろん!今年のマイアミでのULTRAでも会ったんだよ」と教えてくれた。

DJと俳優という意外な組み合わせだけれど、職業を超えた友情が垣間見られた。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.