『ゴシップガール』でチャック・バス役を演じたエド・ウェストウィックが、恋人のジェシカ・サーファーティーと一緒に、『ゴシップガール』の世界観を再現した。

チャック様降臨

 人気ドラマ『ゴシップガール』で、大富豪の御曹司でプレイボーイのチャック・バスを演じたエド・ウェストウィック。
 同ドラマが初めて放送されてから10年という月日が経った今、もう見られることがないと思われていたチャックが、再び姿を現した。

 あのチャック様が再び降臨…と願いたいところだが、残念なことにこれは『ゴシップガール』のチャックではなく、エドと恋人ジェシカ・サーファーティーが、フォトグラファーkat irlinの作品に一緒に参加した動画。

Instagram投稿の投稿者: Jessica Michél Serfatyさん 日時: 2017 9月 28 8:24午後 UTC

www.instagram.com

 動画の舞台は『ゴシップガール』ではなく、1931年のアメリカのカリフォルニア。その当時に一世を風靡した、犯罪者カップルのボニーとクライドになりきったエドとジェシカ。

画像1: チャック様降臨
画像2: チャック様降臨

 その波乱万丈な人生が一部では英雄として称えられるほど有名だった犯罪者カップルを忠実に再現した2人は、当時の衣装に身を包みカバンの中たっぷりに入った札束をばらまき、濃厚キスを交わす。
 その姿は、まるでドラマのワンシーンのよう。

画像3: チャック様降臨
画像4: チャック様降臨
画像5: チャック様降臨
画像6: チャック様降臨

 そんな動画に映るエドの色気溢れる豪遊具合が、まるでチャックのようだと話題沸騰。確かに『ゴシップガール』のチャックも、大金をばらまくように豪遊し、その甘いルックスで女性を虜にする悪い男の一面があった。

画像7: チャック様降臨

 それだけに、チャックを彷彿とさせるこのエドに興奮を抑えきれないファンの声が相次いでいる。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.