バイセクシャルであることを公表している若手人気女優のベラ・ソーンが、なぜ女性よりも男性と交際することのほうが多いのかに言及。

交際するのは男性ばかり その理由とは?

 バイセクシャルであることを告白しているディズニー・チャンネル出身の女優ベラ・ソーン。男性と同様、女性にも恋愛感情を持つことを明らかにしている彼女だが、ロマンスの噂が浮上するのはほとんど男性ばかり。

画像: これまで交際を報じられたのはほとんど男性。左から、人気イケメン俳優のタイラー・ポージー、グレッグ・サルキン、人気シンガーのチャーリー・プース。

これまで交際を報じられたのはほとんど男性。左から、人気イケメン俳優のタイラー・ポージー、グレッグ・サルキン、人気シンガーのチャーリー・プース。

 その理由について、ベラが明かした。

 ベラは米Style Casterに「(女性とつき合うのは)すごく難しいの」と切り出すと、「女の子の場合、相手が私と親友なりたいのか、それとも寝たいのか、もしくは私と一緒にいることでSNSのフォロワーを増やしたいのか、ぜんぜん分からないんだもん」とコメント。

 「女の子に対して、たとえば私から何かアクションを起こしたとして『えっ、そんなつもりじゃないけど! 私はそういんじゃない! 』とか言われたらショックだし、気まずすぎるでしょ?」と、ベラいわく、女性はただ友人として彼女と深い仲になりたいのか、それとも性的な関係を持ちたくて近づいてくるのかの判断がとても難しいのだという。

  

男性はわかりやすい

 それに比べて男性は、より単純で目的が明確だと感じているベラ。

「だから男の子とデートすることの方が多いのよ。彼らが連絡してくるときは、そういう目的かどうかっていうのがすぐわかるからね。男性は私と親友になりたくてメールを送ってくるわけじゃない。彼らが何を望んでいるかは分かってるわ」と、女性と比べて男性が相手のほうがずっと交際をスタートさせるのが簡単だと説明した。

  

恋には超積極的

 しかし、彼女は基本的には女性だろうと男性だろうと関係なく、気に入った相手にはストレートにアプローチするというスタンスを崩さないのだそう。

 ベラは「誰かのことを好きになったら、いつも『あなたと寝たい。気まずい感じにはなりたくないけど、言わせて。あなたってすごくホットだと思う。だから私とデートしようよ』って言っちゃうの」と恋にかなり積極的であることを明かしている。

画像: 現在は人気女性ユーチューバーのタナ・モンゴーといい感じのベラ。連日イチャイチャ写真をSNSで公開。でも交際宣言はしていない。©Tana Mongeau

現在は人気女性ユーチューバーのタナ・モンゴーといい感じのベラ。連日イチャイチャ写真をSNSで公開。でも交際宣言はしていない。©Tana Mongeau

 現在、体の関係だけでなく、ちゃんと真剣に交際できる相手を探しているというベラ。恋多き女性として知られている彼女だけれど、そろそろ1人の相手とじっくり関係を築きたいよう。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.