言動ひとつが世界中から注目される大物人物が、映画『トロールズ(原題)』のキャラクターに変身。そのリアルすぎるディティールが話題となっている。

元ディズニーの彫刻家がデザイン

 『リトル・マーメイド』やディズニーワールドにあるアトラクション『プーさんの冒険』など、数多くのディズニーの名作を手掛けてきた世界的なスカルプター(彫刻家)チャック・ウィリアムズが、作った人形がすごすぎる。

 今回チャックがモチーフにしたのは、ユニークな髪型で人気の北欧の妖精トロール人形。2016年にアメリカで『トロールズ(原題)』として映画化され、一躍大人気となったトロール人形をモチーフに、なんとドナルド・トランプ米大統領を忠実に再現したトロール人形を作ってしまった。

画像1: 元ディズニーの彫刻家がデザイン

 その衝撃の人形がコチラ。

画像2: 元ディズニーの彫刻家がデザイン

 ディズニー時代はシニア・スカルプターとして活躍し、誰もが認める高い技術を持つチャックが、キックスターターというクラウドファンディングで得た資金で作り上げたこの人形。

 トロール人形といえばごわごわした髪の毛が印象的だけれど、チャックはこの髪の毛をトランプ大統領のヘアスタイルを元に再現。

画像3: 元ディズニーの彫刻家がデザイン

 さらに彼の眉毛、目元などの表情や肌色などの細かな部分も忠実に再現している。

 そして注目は、この人形が持っているスマートフォン。じつはこれ、画面はツイッターの表示をモチーフに作られているのだそう。

画像4: 元ディズニーの彫刻家がデザイン
画像5: 元ディズニーの彫刻家がデザイン
画像6: 元ディズニーの彫刻家がデザイン

 大統領という立場にもかかわらず、ツイッターで個人的な意見をぶちまけるトランプ大統領の、世間で言われる「大統領らしからぬ発言」をこのスマートフォンで表現。

 幸せを呼ぶと言われるトロール人形だけれど、この皮肉がたっぷり込められたトロール人形が、幸せを呼ぶことはあるのだろうか…。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.