人気シンガーのデミ・ロヴァートが、10代の頃に共演をきっかけに交際をはじめた元彼氏であるジョー・ジョナスに恋に落ちた瞬間のことを語った。

アイドル同士の恋

 2008年にティーンを中心に大ヒットした、ディズニー・チャンネルのTV映画『キャンプ・ロック』に出演していたデミ・ロヴァートとジョー・ジョナス。

 2人は共演をきっかけに交際に発展。短い交際期間だったが、ファンからは熱い視線が注がれていた。

画像1: アイドル同士の恋

 そして今回、デミのドキュメンタリー番組『Demi Lovato: Simply Complicated』が公開され、その中で当時を振り返った。

画像2: アイドル同士の恋

 番組のなかでは、過去の自分の映像を見ながら、その当時のことを語っていたデミ。そして映像は、TV映画『キャンプ・ロック』に関連した内容へ。

 『キャンプ・ロック』の映像で振り返っているなか、その途中にギターを持っているジョーが登場。するとデミは、「オーマイゴッド、ちょっと待って。この瞬間私は彼に恋をしたのよ。現実でね」と突然の衝撃告白。

 続けて「私たちはカメラの前でファーストキスをしたのよ」ともコメントをした。

画像3: アイドル同士の恋

 2人は1ヶ月ほどデートしただけだったが、思春期という大切な時期を共に過ごした仲だけに、彼らの友情は今でも続いており、SNS上ではお互いフォローをしている。

 2人にとって思い出となったTV映画『キャンプ・ロック』。来年放送から10周年を迎えるということで、続編が期待されている。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.