テイラー・スウィフトの新曲「ニュー・イヤーズ・デイ」の歌詞が起こした奇跡とは?パフォーマンスを見た観客全員が涙…。

曲の歌詞とあるエピソードが奇跡的にリンク

 先日、待望のニューアルバム『レピュテーション』をリリースしたテイラー・スウィフトが、米人気トーク番組『ザ・トゥナイト・ショー』に出演。そこで、同アルバムからの新曲「ニュー・イヤーズ・デイ」を披露したのだが、そのパフォーマンスを見た観客と番組のスタッフ、そして番組司会者でコメディアンのジミー・ファロンの全員が涙する事態に。

画像: 曲の歌詞とあるエピソードが奇跡的にリンク

 その理由は同曲の“歌詞”にあった。

 実は先週、同番組で司会を務めるジミーの母が死去。この日の番組の冒頭で最愛の母とのエピソードを語ったのだが、その内容の一部とテイラーの歌詞の一部が酷似していたのだ。

 「子供の頃に母と姉と手を繋いで買い物に行った時、母が「アイ・ラブ・ユー(愛してる)」の意味を込めて僕の手を3回ギュッと握ったから、僕も「アイ・ラブ・ユー・トゥー(僕も愛してる)」って3回握り返したんだ。そして先週、病院にいる時に僕は母の手を3回握って「アイ・ラブ・ユー」と伝えた。(しかし、母からの反応はなく)僕たちが置かれた状況が良くないと悟ったよ」

 涙ながらに母との思い出話を語ったジミー。そして迎えたテイラーのパフォーマンス。

 なんと、テイラーが披露した「ニュー・イヤーズ・デイ」に「あなたは私の手を3回ギュッと握った」という歌詞が。テイラーがジミーのために歌詞を変更したわけではなく、元からこういう内容の歌詞なのだが、このパフォーマンスを見ていた全員が奇跡ともいえる偶然の一致に驚愕。

 同番組のプロデューサーも驚いたようで、後にその時のことについてツイッターでこう語っている。

 「今日、ジミーのお母さんが亡くなってから初めての収録だったんだ…。ゲストのテイラー・スウィフトを紹介する時の彼の声が震えていたのをみんなも聞いたと思う。ジミーのお母さんへの言葉はとても美しいものだった。『母さん、僕はあなたのことを笑わせることを絶対にやめないよ。愛してる』僕だけじゃなくみんなが涙していた」

画像: パフォーマンス後に熱いハグを交わしたテイラーとジミー。この時、ジミーがテイラーに「ありがとう」と礼を言ったのが漏れ聞こえていた。

パフォーマンス後に熱いハグを交わしたテイラーとジミー。この時、ジミーがテイラーに「ありがとう」と礼を言ったのが漏れ聞こえていた。

 「当初、テイラーの出演は予定されていなくて、急きょ決まったことだった。でもジミーのために特別な収録にしたくて、ダメもとでテイラーにオファーしたら、急なお願いにもかかわらず快諾してくれたんだ。彼女が歌った『ニュー・イヤーズ・デイ』は(収録の日まで)誰も聞いたことがなかった。そしてあの『あなたは私の手を3回ギュッと握った』という歌詞が出てきたんだ。思わず息を飲んで、涙してしまったよ。会場にいた人全員がすすり泣きしていたと思う。(パフォーマンスの最中に)ジミーがティッシュで涙をぬぐう姿が見えたよ」

 番組プロデューサーの話からもわかるように、すべて偶然だったという今回の出来事。ジミーと母のエピソードとテイラーの曲の歌詞が一致するという奇跡に、会場全体が感動の渦に包まれた。 

 ちなみに、この曲の最後は「思い出を手放さないで、思い出はあなたの中から消えないから」という、切なくも美しい歌詞で終わる。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.