ラッパーのドレイクが自身のライブ中にセクハラ行為をはたらいていた男性を吊るし上げた。

 今週、オーストラリア・シドニーの人気クラブでライブパフォーマンスを行っていたドレイクは、大盛り上がりの観客たちに紛れて周囲にいた女性たちの体をまさぐるなどのセクハラをしていた男性を発見。

 ヒット曲「ノウ・ユアセルフ」を披露していた彼は、即座にスタッフに演奏を止めるよう指示すると、ステージ上から男性を指差して「女性たちに触るのを止めないと、俺が今からそこへ降りて行ってお前をボコボコにしてやるぞ!」とすごい剣幕で叱責した。

 さらに、「冗談で言ってるんじゃないぞ。今すぐ女性たちから手を離せ。そうしないと、俺がお前をぶっ潰してやるからな!」と念押し。

 その時の様子がコチラ。

A post shared by louisesukari (@louisesukari) on

 セクハラ男に対する彼の口撃を観客たちは歓声で援護。その後、男性がひるむと、ドレイクは毅然とした様子でパフォーマンスを再開した。

 セクハラ男の魔の手から女性たちを守ったドレイクの正義感に拍手! 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.