悪趣味な洋服に金髪ロン毛、ウエストポーチ…パンチの効いた「チャラおじさん」に変身したのは、一体どのオスカー俳優?

クセがすごい「チャラおじさん」の正体は…

 コメディからシリアスまで幅広い作品に出演し、どんな役柄にもなりきることから「カメレオン俳優」の異名を取っている俳優のマシュー・マコノヒ―。

 2013年に公開の映画『ダラス・バイヤーズクラブ』ではHIVに感染した主人公を熱演し、映画界の最高峰であるアカデミー賞主演男優賞を受賞した経歴も。

画像1: クセがすごい「チャラおじさん」の正体は…

 そんな彼が最新主演作『ザ・ビーチ・バム』で、クセの強すぎるチャラ男に変身。映画『スプリング・ブレイカーズ』を手がけたハーモニー・コリン監督が手がける同作の撮影現場で、「チャラおじさん」ルックを完全に自分のものにするマシューの姿が激写された。

画像2: クセがすごい「チャラおじさん」の正体は…
画像3: クセがすごい「チャラおじさん」の正体は…
画像4: クセがすごい「チャラおじさん」の正体は…

 ボサボサの金髪ロングヘアをなびかせたマシューは、ド派手なタイダイ柄のセットアップにギラギラと光るゴールドのアクセサリーを重ねづけ。薄汚れたクリーム色のウエストポーチも場末感を演出する着こなしの重要なポイントとなっている。

 同作でマシューが演じるのは、世間に対しての反発心を持ち、独自のルールに従って生きる常にハイな男性の役。別の日の撮影でも、なかなかパンチの効いた衣装の数々を着こなしていた。

画像5: クセがすごい「チャラおじさん」の正体は…

 どんなストーリー展開となるのかは、まだ明かされていないが、マシューがこの役にかなり入り込んでいることは確か。同作は来年米公開予定。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.