スキンヘッドの男性の頭の一部がヘコんだ原因は日焼け!?

 アメリカ在住のケイド・ハッカベイがスキンヘッドにした際、日焼け止めを塗らずに外出したところ、紫外線を浴びた部分が赤く腫れ上がってしまった。

画像1: ©Twitter/Cade Huckabay

©Twitter/Cade Huckabay

 さらに恐ろしいことに腫れた部分を指で軽く押してみると…。

画像2: ©Twitter/Cade Huckabay

©Twitter/Cade Huckabay

 なんと指で押した部分だけヘコんでしまったのだ。

 米マヨ・クリニックによるとこの腫れは「浮腫」と言われるもので、通常は痛みを伴わない腫れのことを指すと言う。この男性のように「押すとヘコむ」という症状は、浮腫によく見られる特徴であるという。

 「日焼けが体に良くない」というのはよく聞く話だが、ケイドのようにスキヘッドの人は直射日光を受けやすいので注意が必要。ケイドにとってもこの経験がいい教訓になったようで、「経験者から言わせてもらうと、日焼け止めを塗れってことかな」と人々に警告した。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.