9歳の男の子が、かくれんぼで金庫に隠れたところ大騒動に発展してしまった。

 ドイツに住む9歳の男の子が、弟とかくれんぼしていたときに悲劇が起こった。おじいちゃんの家のなかでかくれんぼをしていた男の子は、弟から隠れようと家のなかをさまよっていた。
 そんなとき、男の子は絶好の隠れ場所である金庫を発見。

画像: 9歳男児、弟とのかくれんぼで消防隊出動

 男の子は金庫の中を隠れ場所にしたが、じつはその金庫には安全装置がかかっておらず、彼を閉じ込めてしまった。
 しかも、パスワードを知っている祖父は、外出中。しかし金庫の中にずっといると、酸素もなくなり、男の子の命の危険も考えられる。どうすることもできない両親は、消防隊に連絡し、来てもらうことに。

 まず、駆けつけた消防隊は、酸素ボンベで酸素を金庫の中に送り込み、男の子の酸素を確保。そして救出手段として消防隊員が取り掛かったのは、なんと6桁のパスワード探し。家族の誕生日など、手がかりとなりそうな情報をかき集め、果てしない作業をすること3時間。
 見事に6桁のパスワードがヒットし、無事に少年は救出。

 幼い兄弟のかくれんぼは、とんでもない大騒動として幕を閉じた。

This article is a sponsored article by
''.