爪の「黒い線」は病気のサイン!?  あるネイリストが女性客の爪に黒い縦線が入っていることを発見し、そこから事態は思いがけない方向に。(フロントロウ編集部)

 ネイリストとして仕事をするジーン・スキナーは、ある日、自身のサロンを訪れた女性客の爪に「黒い縦線」が入っているのを発見。

画像: 爪の「黒い縦線」に隠されたヒミツが恐ろしすぎる

 当の女性客はとくにその線に深い意味があるとは思っていなかったようで、ジーンにマニキュアをぬってカバーして欲しいとお願いしたのだが、違和感を覚えたジーンは、この女性客にすぐに病院に行くことをすすめた。

画像: ©Facebook/Jean Skinner

©Facebook/Jean Skinner

爪に入った黒い縦線の正体は?

 それから数週間後、女性客からジーンのもとに連絡があった。ジーンの勧めを聞き入れた女性客は医者に診てもらったところ、爪の黒い縦線は皮膚がんの一種であるメラノーマ(悪性黒色腫)であったという。しかも非常に進行が早いタイプで、すでにリンパ節にも転移していた。

 この女性がその後どうなったのかはわかっていないが、ジーンは診断を受けた時点での予後はあまりよくないことを聞かされたという。

 爪の色に変化があっても、血豆か何かと思って気にしない人は多いだろう。しかし、ジーンはこの時の出来事をたとえに、手や足の爪に変化や異変を感じたらすぐに病院に行くよう自身のフェイスブックで警告した。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.