映画『プラダを着た悪魔』の続編小説が2018年に発売が決定した。

 2006年に公開されてから、今まで変わらず多くの女性のバイブル的存在となっている映画『プラダを着た悪魔』。米VOGUE誌の編集長アナ・ウィンターをモデルにした鬼編集長ミランダをオスカー女優メリル・ストリープが演じ、ミランダの新人アシスタントとして奮闘するアンディをアン・ハサウェイが演じた同作は、当時多くの賞を獲得した。

画像1: 『プラダを着た悪魔』エミリーの「その後」を描いた続編小説が2018年発売

 その『プラダを着た悪魔』の原作者であるローレン・ワイズバーガーが、同作でミランダのアシスタントを務め、アンディの先輩だったエミリーが主役の続編小説『When Life Gives You Lululemons(原題)』を発表。

画像2: 『プラダを着た悪魔』エミリーの「その後」を描いた続編小説が2018年発売

気になる内容は?

 オシャレが大好きで少し性格はキツいけれど、仕事に対しての情熱は誰にも負けていなかったエミリー。続編でのエミリーはミランダの元を離れており、アメリカ・コネチカットでAリストセレブたちのイメージコンサルタントとしてバリバリ働いているよう。

 Entertainment Weeklyが小説の一部を抜粋して公開したところによると、なんと人気モデルのジジ・ハディッドやシンガーのジャスティン・ビーバーの名前も出てきている。有名セレブのコンサルタントということもあり、ファッション界を舞台にしたオリジナルに対し、続編はハリウッド界を舞台にした内容になりそう。

 『プラダを着た悪魔』も映画化され大ヒットしたことを考えると、将来続編が映画化される可能性も十分考えられる。今から話題沸騰の今作は、2018年6月5日に発売開始。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.