プライベートで東京へ向かう途中だったシンガーのジョン・レジェンド&モデルのクリッシー・テイゲン夫妻にとんだ災難が…。

日本に行くはずが…

 年末年始の休暇を日本で過ごすため、東京行きの飛行機の乗っていたグラミー賞シンガーのジョン・レジェンドと妻でモデルのクリッシー・テイゲンがとんだ災難に見舞われてしまった。

画像: 日本に行くはずが…

 クリッシーが自身のツイッターに投稿した情報によると、現地時間26日(日本時間27日)にアメリカ・ロサンゼルスを出発した全日空機(NH175便)で、本来その飛行機に搭乗する予定ではなかった人物が搭乗していたことが発覚。その時、離陸してからすでに4時間以上が経過していた。

 セキュリティ上、万が一の事態も考え、同機は4時間かけて出発地のロサンゼルスに引き返すことに。

当時の状況をツイートで生報告

 その後、怒り心頭のクリッシーが自身のツイッターで怒涛の実況ツイートを開始。現場の混乱した状況について事細かに報告した。

 「計11時間のフライトのうちすでに4時間も経過しているのに、この飛行機に搭乗する予定じゃなかった人が見つかったせいで引き返すことになったわ。なぜ?なぜみんなで戻らなきゃいけないの?意味がわかんないわ」

 「疑問はたくさんあるけど、まったく答えが見つからない。それは関係者も同じみたい。誰であれ間違えて乗ってしまった人は大恥をかいたに違いないわね」

 「結局、8時間も飛行機に乗ってたのにどこへも行けなかったわ。みんなと空の上で素敵な時間を過ごし、映画『グラン・トリノ』を見ただけ。あとはもう家に帰るだけね」

画像: クリッシーら乗客を乗せた全日空機のフライト記録。

クリッシーら乗客を乗せた全日空機のフライト記録。

 「(飛行機が引き返したおかげで)全員が飛行機から降りることになって、間違えて乗っちゃった人はラッキーだったわね。考えてもみてよ。もし1人だけ飛行機から降りることになったら、そんな恥ずかしいことはないわよ」

 「何がきっかけで間違った飛行機に乗ったことに気付いたのかを知るまで寝れないわ。私が知りたいのはそれだけ。150人の乗客が被害をこうむったのよ。お願いだから教えて」

 「なんでたった1人の失敗のためにみんなが一緒に罰を受けなきゃいけないの?東京に着いてから、その人物を送り返すんじゃダメなわけ?これよりマシなアイディアってある?みんな同じことを疑問に感じてると思うわ」

 「みんなが言うには、間違って搭乗した人物はユナイテッド航空のチケットを持っていたそうよ。ちなみに私たちが乗っているのはANA。つまりピーッて音を鳴らしながら搭乗券をスキャンしてるマシンは、ただピーッっていう音を出してるだけで何の役にも立ってないってことよね」

 その後、飛行機は約8時間かけて出発地であるロサンゼルスに帰還。到着すると現地の警察が待機していたそうで、乗客全員が飛行機を降りる前に約20分間に渡る事情聴取を強いられたという。

画像: ロサンゼルスに到着後、案内された部屋で夫ジョンと撮影したセルフィーを投稿。 ©Twitter/Chrissy Teigen

ロサンゼルスに到着後、案内された部屋で夫ジョンと撮影したセルフィーを投稿。
©Twitter/Chrissy Teigen

 また、クリッシーによるとこれ以上の詳細をツイッターに投稿することを連邦政府の人に禁じられたそうで、「言いたくても言えない」ともどかしさを露わにした。

 いまだその乗客の性別は公表されておらず、本当にただの間違いだったのかどうかもわかっていない。この一連の騒動を経て、同機のフライトは現地時間の翌日(27日)の朝に変更にされた。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.