Facebookに投稿されたある1枚の写真によって、親友を殺した女性の逮捕につながった。

 今から3年前になる2015年、当時18歳のブリトニー・ガーゴルが息を引き取った状態で道路上で発見された。その後の鑑定で絞殺だということが発覚し、警察は3年間捜査を続けてきた。

 そんななか、犯人として逮捕されたのがカナダに住む21歳のローズ・アントニー。ローズはブリトニーと親友だったという。

事件解決につながった1枚の写真

 ブリトニー殺害事件の解決へとつながったのは、ローズがFacebookに投稿した1枚の写真だった。その写真とはローズとブリトニーが映ったなんの変哲もないセルフィーで、ブリトニーが死体で見つかる数時間前に投稿された。

画像: 左がローズで右がブリトニー。©facebook/Rose Antoine

左がローズで右がブリトニー。©facebook/Rose Antoine

 じつは、ローズが着けているこのゴールドのチェーンネックレスは、ブリトニーの死体の側に落ちていたことが確認された。そのため、この写真がきっかけでローズを起訴することができたという。

 その後ローズはブリトニー殺害を認めており、当日お酒を飲んでいた2人は激しい口論になってブリトニーを殺してしまったと供述した。しかし、殺害したこと自体は覚えていないという。

 今は誰もがSNSにセルフィーやさまざまな写真を投稿する時代。そんな時代を反映する事件解決となった。

This article is a sponsored article by
''.