まるでふわふわな白クマに抱っこされているかのような気分が味わえる「くま耳チェア」がとんでもなく可愛い!

 丸みのあるデザインとシープスキンのモコモコ感が何ともキュートな1人掛け用のこの椅子は、フランス人インテリア・デザイナーのピエール・ヨヴァノヴィッチがデザインを手がけたアート作品。 

 イギリスの有名な童話『3びきのくま』からヒントを得ており、大中小とサイズの違う3つのイスは、お父さんクマ、お母さんクマ、赤ちゃんクマの家族を表している。 

 残念ながら、これらは一般販売されているものではなく、ニューヨークで開催されたピエールの個展「OOPS(ウップス)」で展示されたコレクションの1つ。

 可愛いものに目がない女子なら、いつか自宅リビングに置いてみたいと夢見てしまうテディベア・チェア。一日の終わりや週末に、こんなイスに座ってゆっくり本を読んだり映画を観たりできたら、きっと日々の疲れも一瞬で吹き飛んでしまうはず。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.