ドラマ『クリミナル・マインド』のモーガン役で知られるシェマー・ムーアが、2018年度のグラミー賞に同伴した女優のアナベル・アコスタを射止めた方法を明かした。

 シェマー・ムーア(47)が、米時間28日に開催された第60回グラミー賞に、17歳年下のアナベル・アコスタ(30)をデート相手として同伴。

画像: 『クリマイ』シェマー・ムーア、17歳年下美女にデートを承諾してもらった方法を明かす

 アナベルはドラマ『クワンティコ』に出演する女優。

 シェマーはアナベルに一緒にグラミー賞に行くことを承諾してもらったいきさつを、米Entertainment Weeklyにこう明かした。

「彼女にEメールを書いたんだ。騎士道的精神を呼び起こして、挑戦してみたのさ」

「返事は期待してなかったよ。気味が悪いし、この男だれ?と思われると思っていた。それでも、文学のクラスと母の教えを思い出しながら、詩人になった気分で書いたよ。書いた後は絶対に成功しないと思いながら待っていたら、数日後に返事がきたんだ」

画像: シェマーはラッパーのイヴと共にプレゼンターを務めた。

シェマーはラッパーのイヴと共にプレゼンターを務めた。

 アナベルはこのメールを、「すごくスイートで紳士的なメールで、返事を書かずにはいられなかった」と評価。

 シェマーは昨年あちこちのインタビューで運命の相手を探していると発言しており、そんなシェマーに対して、アナベルは「ミスター・シェマー・ムーア、あなたが私のことを探しているって聞いたわ。気を付けた方がいいわよ」と返事で書いたという。

 それぞれメールで大胆なアプローチをできるところからしてお似合いに見えるが、アナベルはシェマーが求める運命の人となるか?

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.