モデルのジェン・シェルターがアメリカン航空の飛行機に乗っていたところ、席を立っただけで機内から追い出されてしまった。その一部始終の動画を公開した。

 インスタグラムのフォロワーでは1,000万人以上を持つフィットネスモデルのジェン・シェルターは、マイアミ国際空港でニューヨークへ旅立つアメリカン航空の飛行機に、妹のステファニーと乗っていた。しかしジェンたちが乗っていた飛行機は、全員が搭乗してから離陸まで2時間もの遅れが発生し、搭乗客たちはずっと機内で待たせられていた。

Jen Selterさん(@jenselter)がシェアした投稿 -

 待っている時にステファニーともう1人の乗客がトイレに行き、ジェンは立ち上がって自分のジャケットを上の荷物棚に入れていた。するとCAから座るように注意をされたという。その時は、2時間座りっぱなしだったため、機内を歩き回っている他の乗客もいたため、CAの注意を聞き流したジェン。

機内から降りるように促される

 するとなんとパイロットがジェンの席にやってきて、「機内から降りていただけますか?」と言ってきた。この様子をすべて動画に残していたジェンは、ツイッターに一部始終の動画を投稿した。

 このやりとりの中でジェンは、何も悪いことはしていないと主張し、「みんなイライラしてるのよ。2時間も待たされてるんだから」とパイロットに言うと、「分かっています。みんなニューヨークに行きたいんですよ」と返答。

 すると動画には写っていないものの、ジェンたちの前に座っていた男性が、「理解できないんだけど。ただの嫌がらせにしか見えないよ」とジェンたちの肩を持つ声も入っている。

 続けて投稿された動画には、セキュリティらしき男性たちがジェンたちの席にやってきて、「あなたたちに今日機内に残ってほしくないと、アメリカン航空が決めました」と話している様子が写っている。

 どうすることもできなくなったジェンたちは、言われたままに飛行機を降りてその日はニューヨークに帰れなくなってしまった。ちなみに周りでアメリカン航空の常務員がジェンたちにひどい態度を取る姿を見ていた1人の女性も、その態度に耐えられなくなりジェンたちと一緒に機内を降りたという。

 この動画には非難の声が殺到し、その後アメリカン航空は、ジェンたちにホテルやホテルまでの交通網を準備したけれど断られたと主張するも、ジェンは「アメリカン航空の人たちは誰もホテルなどの手配はしてくれなかった。飛行機を降りた瞬間に、もう自分たちに責任はないから、空港で寝ろって言われたのよ」と反論した。

 この情報はさらにネットで瞬く間に拡散され、アメリカン航空はひどいバッシングを受けることに。これらの声を受けてやっとアメリカン航空は、今回の騒動はジェンには何も責任はないと声明を出していた。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.