女優のエミリー・ブラントがディズニーの実写版『ジャングル・クルーズ』に出演することが決定した。(フロントロウ編集部)

 ジャングル・クルーズとは、ディズニーにある人気のアトラクションで、日本でも東京ディズニーランドにある。そのジャングル・クルーズをディズニーが映画化することを発表しており、すでに映画『ワイルド・スピード』シリーズのドウェイン・ジョンソンがメインキャストとしての出演が決まっている。

新たなキャストが決定

 そんななか、新たなキャストとして発表されたのが、映画『プラダを着た悪魔』や『スノーホワイト 氷の王国』で知られる女優のエミリー・ブラント

画像: 新たなキャストが決定

 実写版『ジャングル・クルーズ』では、ブレイク・ライヴリーが主演を務めた映画『ロスト・バケーション』の監督ジャウム・コレット=セラがメガホンを取り、エミリーはドウェイン演じる船長と共に治療薬を求めて旅に出る科学者の役を演じる。

 エミリーは、現在ミュージカル映画『メリー・ポピンズ・リターン(原題)』の撮影も行っている人気女優。そんなエミリーとドウェインの共演となれば、『ジャングル・クルーズ』も注目を浴びること間違いなし。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.