ジャスティン・ビーバーの元に送られるはずのラテン・グラミー賞のトロフィーが全くの別人の元に到着するというアクシデントが。受け取り人のリアクションが爆笑モノ! 

大切な受賞トロフィーが行方不明に

 ラテン系シンガーのルイス・フォンシとダディ―・ヤンキーのコラボ楽曲にジャスティンが参加した「デスパシート feat ジャスティン・ビーバー」。

 2017年を代表する大ヒット・シングルとなった同曲で、ラテン・ミュージック界の最高峰と言われるアワード、ラテン・グラミー賞で自身初となる受賞を果たしたジャスティンだったが、2017年11月に開催された授賞式には欠席。

 その際に受け取るはずだった受賞トロフィーは、後日、郵送でジャスティンの元に送られることになっていた。

画像: 代表してトロフィーを受け取ったルイス・フォンシ。

代表してトロフィーを受け取ったルイス・フォンシ。

 しかし、アワード事務局側の手違いにより、いつまでたっても彼の元にトロフィーが入った小包が届くことはなく、ちょっとした行方不明状態に。

  

別人の元に届く

 すると、今週になり、ある男性がジャスティンの名前が入ったトロフィーが、なぜか自分の元に届いたとSNSを通じて報告。

 トロフィーを受け取ったのは、ラテン系大御所シンガーでジェニファー・ロペスの元夫でもあるマーク・アンソニーのアルバムなどを手がけた、音楽プロデューサーのカルロス・エスカローナ・クルス。

 カルロスは、「なんて面白い1年の始まりなんだ! 自分が手がけたアルバムの受賞トロフィーを待っていたら、代わりにジャスティン・ビーバーのトロフィーが届いたよ」と爆笑の絵文字を添えて、台座部分にジャスティンの名前が入ったトロフィーの写真を公開。

 小包を開けると、ジャスティン宛てのトロフィーが出てきて驚く様子の動画も公開した。

※動画は写真の2枚目に出てきます。

 その後、自分がジャスティンのトロフィーを受け取ったということは、もしかしたらジャスティンの元に自分のトロフィーが届いているのではないかと、オバマ元米大統領や名作映画のインターネットミーム(※※)を駆使してジャスティンに必死のメッセージを送った。

※※ネット上で流行する画像、ネタ、言葉などの総称

「ジャスティン・ビーバー、俺のグラミー賞トロフィーはどこだ?」

画像: アル・パチーノ主演のギャング映画『スカーフェイス』のワンシーン。

アル・パチーノ主演のギャング映画『スカーフェイス』のワンシーン。

「お前の正体は知っている。お前を見つけて俺のトロフィーを取り返してやる」

画像: リーアム・ニーソン主演のスリラー映画『96時間』の名ゼリフを引用。

リーアム・ニーソン主演のスリラー映画『96時間』の名ゼリフを引用。

「キミが持っていることは分かっているんだぞ!」

画像: バラク・オバマ元大統領の演説。

バラク・オバマ元大統領の演説。

「オッケー、ごめん、大騒ぎしすぎた。どうか僕のトロフィーを返してもらえませんか?

画像: アニメ映画『シュレック』のワンシーン。

アニメ映画『シュレック』のワンシーン。

 実際にトロフィーが入れ違ってしまったのかどうかは定かではないが、カルロスの問いかけに対し、今のところジャスティンからは反応ナシ。

 せっかく受賞した栄誉あるグラミー賞。ジャスティンもカルロスも、早くちゃんと自分の名前が入ったトロフィーを手にできる日が来ることを祈る。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.