米ペンシルベニア州で発生した窃盗事件の解決に貢献した、犯人の顔を描いた似顔絵がある意味すごい。

 米ペンシルベニア州のスーパーマーケットで、30~40代の男性が店員になりすまして金銭を盗む事件が発生。

 警察が目撃者から得た犯人の情報を合わせた手描きの似顔絵を、公式フェイスブックに公開したところ、見事その数日後に犯人を逮捕することができた。

 犯人の逮捕に貢献した手描きの似顔絵なのだが、これが驚くほどの低クオリティ。それがコチラの写真。

画像1: 下手すぎる似顔絵がまさかの犯人逮捕に貢献!犯人の顔に納得

 点と線だけの子供が描いたような思わず笑ってしまう似顔絵を公開し、情報提供を呼びかけた警察は、決してふざけているわけではない。

このクオリティで果たして犯人が特定できるのか疑問が残るけれど、逮捕された犯人の顔を見て納得する。

 窃盗罪で逮捕されたのは、44歳のハン・フック・グエンというホームレスの男性。

画像2: 下手すぎる似顔絵がまさかの犯人逮捕に貢献!犯人の顔に納得

 逮捕写真として撮られた写真を見てみると…、低クオリティだと思っていた似顔絵だが顔の特徴をしっかり押さえている。

 ヘタなのになぜか似ている似顔絵が話題となりネット上で拡散されたことも、迅速なハンの逮捕につながった。


この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.