ジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスが、家族や友人らと一緒に異国の地ジャマイカへ向かった目的とは一体?

大切な人の結婚式に出席

 復縁がウワサされているジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスが、ジャスティンの父ジェレミー・ビーバーとその婚約者チェルシー・リベロの結婚式に出席するためにジャマイカへ。過去に交際していた時からジャスティンの家族と交流があったセレーナだが、その親交は現在も途絶えておらず、都会の喧騒から離れ、リラックスしたひと時をジャスティンの家族とともに過ごした。

画像1: 大切な人の結婚式に出席
画像2: 大切な人の結婚式に出席

 セレーナの家族は2人の復縁を認めていないと一部で言われているが、ジャスティンの家族は2人の交際を温かく見守っているようで、家族団らんの輪の中にセレーナもすっかり溶け込んでいた。

画像3: 大切な人の結婚式に出席

 米TMZは、セレーナがジャスティンをうしろからギュッと抱きしめて“バックハグ”をしたり、人目をはばからずキスを交わしたり、とにかくラブラブな様子であったことを伝えている。

 最近になってジャスティンがセレーナのことを「本命の人」と認めるなど、昨年末に復縁説が急浮上して以降順調に距離を縮めている2人。関係者が米Us Weekly誌に語ったところによると、2人は“前回の失敗”を踏まえて、お互いに隠し事をしないオープンな関係を保つことを心がけているそう。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.