映画『グレイテスト・ショーマン』に出演するゼンデイヤが、ザック・エフロンとの共演シーンの裏話を明かした。

 ヒュー・ジャックマンを主演に迎えた、ショービジネスの概念を生み出したP.T.バーナムの人生を描いた話題のミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』。ザ・エンタメ映画ともいえる、圧巻の歌とダンスのシーンがたくさん詰まった今作で観客の心をつかんだのは、ザック・エフロン演じるフィリップと、ゼンデイヤ演じるアンの空中デュエットシーン。

画像: ゼンデイヤ、『グレイテスト・ショーマン』でザックとの空中デュエットの裏話を激白

 肌の色が違うだけで思うように愛し合えない2人が、切ない気持ちを歌う「リライト・ザ・スターズ」では、ザックとゼンデイヤが見事な空中ブランコのパフォーマンスを見せる。

ゼンデイヤが裏側を激白

 この感動的なシーンの裏側を、ゼンデイヤがアメリカで人気のトーク番組に出演した際に明かした。空中ブランコというお互いを信頼してこそのパフォーマンスだけれど、ゼンデイヤとザックとは初共演。さらに、しっかりとお互いのことを知る時間もなく、「はい! じゃあ次はこのシーン」という感じでいきなりザックとこの空中ブランコのシーンをすることになったという。

画像: ゼンデイヤが裏側を激白

 一番の見せ場でもある、お互いが紐につかまりながら両サイドから飛び、中央でお互いの体を掴み高速回転するというシーンでは、失敗してしまうと体がぶつかり合ってしまうことに。それが何度も起きて大変だったと話した。

 番組内では、そのNGシーンが流れた。その様子は動画の3分53秒辺りから見られる。

画像: Zendaya Shows One of Her and Zac Efron's Trapeze Fails for The Greatest Showman www.youtube.com

Zendaya Shows One of Her and Zac Efron's Trapeze Fails for The Greatest Showman

www.youtube.com

 そのあとゼンデイヤは、「これはたくさんあるなかの1つだからね(笑)」と話していた。

 劇中で空中ブランコ乗りの役を演じたゼンデイヤは、人生で初めて挑戦した空中ブランコについて、「たくさんトレーニングをして足りない筋肉をつけたんだけど、もう筋肉なくなったから空中ブランコはできないよ(笑)」と笑いながらに話した。

 そんなたくさんの失敗を繰り返して出来上がった、息を飲む2人の空中ブランコの完成シーンは、ぜひ劇場の大きなスクリーンでチェックして。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.