1月に婚約した一般人恋人と、すでに極秘挙式したのではないかとウワサされていたグラミー賞受賞シンガーが「疑惑の指輪」についてコメントした。

指輪の正体は「アレ」

 子供の頃からの友人で、2015年に交際をスタートした婚約者のチェリー・シーボーンとのゴールインが間近だと報じられているエド。

 2月20日にロンドンで行われた自身のロンドン公演で、エドが左手の薬指に指輪を着けていたことから、2人が周囲には内緒ですでに挙式済みなのではないかとの説が浮上

 さらに、エドはその翌日に行われたブリット・アワードにも指輪を着けて登場したことから、ウワサが真実味を帯びることに…。

画像: 指輪の正体は「アレ」

 この疑惑について、英ニュース番組スカイ・ニュースの代表として同アワードのレッドカーペットでのエドとのインタビューに抜擢されたファンの女性が、ズバリ、エドに「この指輪はどういう意味ですか?」と直撃。

 すると、エドは「ああ、これ? これは、婚約指輪だよ」と回答。「なんとなく、着けたいなと思って」と少し照れながらも「お互いに一緒のことをするっていうのは良いかなと思って」と、婚約者のチェリーと揃って指輪を着けたかったのだと説明した。

 つまり、2人はまだ結婚したわけではなく、婚約中ということ。

画像: ちなみにチェリーの左手薬指には巨大なダイヤモンドがついた婚約指輪が。

ちなみにチェリーの左手薬指には巨大なダイヤモンドがついた婚約指輪が。

 日本では挙式後に男性も結婚指輪を着けるケースは多いけれど、婚約の記念に婚約指輪を着けるというのはまれ。海外でもこれは同じで、婚約指輪を着ける男性はごく少数派。

 「彼女と一緒に記念のアイテムを身に着けたいから」という理由で婚約指輪を着用するとは、さすが甘いラブソングの数々で知られるエド。彼のロマンチックな行動に、海外の女性たちは「理想の婚約者! 」とメロメロになっている。

This article is a sponsored article by
''.