平昌オリンピックに出場している、スノーボードのノルウェー代表のステール・サンドベック選手と、カナダ代表のタイラー・ニコルソン、そしてアメリカ代表のカイル・マック選手が「人間スノボ」に挑戦。

人間スノボを披露

 日本時間21日に行われた平昌オリンピック男子ビッグエアにエントリーした、ノルウェー代表のステール・サンドベック選手。

 ソチオリンピックでは男子スロープスタイルで銀メダルを獲得し、表彰台に奇抜なヘアスタイルで登場して世間を驚かせた彼が、またまた予想外な行動に。

画像: 人間スノボを披露

 ステールと同じくビッグエアに出場しているカナダ代表のタイラー・ニコルソンとともに、スノーボーダーらしいスゴ技を披露。

 ステールがタイラーの上に乗り、まるでスノーボードのように雪の上を滑る「人間スノボ」を、アメリカ代表のカイルが撮影。この動画をステールが自身のインスタグラムに投稿。

画像1: Staale SandbechさんはInstagramを利用しています:「#SnurferDawgChallenge  with my snurfer @tyler_nicholson : @_kylemack」 www.instagram.com

#SnurferDawgChallenge with my snurfer @tyler_nicholson : @_kylemack

A post shared by Staale Sandbech (@stalesandbech) on

Staale SandbechさんはInstagramを利用しています:「#SnurferDawgChallenge with my snurfer @tyler_nicholson : @_kylemack」

www.instagram.com

 なかなかのスピードでスロープを滑る、なんともシュールな姿を披露した2人だけれど、じつはこれとても難しいこと。

 人を背中に乗せて安定させて滑るタイラーと、不安定な人の上に乗りながらもバランスを保って傾斜を滑るステール。見た目以上に難しいこのワザをなんなくこなしてしまうのは、さすがプロスノーボーダー。

 国同士で競い合うオリンピック。ビッグエアではステールは16位に終わり、タイラーも13位で惜しくも予選敗退。カイルは決勝進出を果たしている。

 まだ競技が終わっていないにもかかわらず、ふざけあう3人からは国境を越えた仲の良さが伝わる。

 男子ビッグエアの決勝戦は、24日午前10時から行われる。


This article is a sponsored article by
''.