ブリトニー・スピアーズの元夫ケヴィン・フェダーラインが、ブリトニーから毎月支払われている養育費の増額を要求しているという。

 2004~2007年に結婚していたブリトニー・スピアーズ(36)と彼女の元バックダンサーであるケヴィン・フェダーライン(39)には、12歳のプレストン君と11歳のジェイデン君という息子が。

 離婚当時はブリトニーが精神的に不安定だったため、ケヴィンが代わりに親権を持つことになり、現在、月に約220万円という養育費がブリトニーからケヴィンに支払われている。

 そんななか、ケヴィンが代理人を通して養育費の増額を要求しているという。

 ブリトニーは一公演につき約5,000万円のギャラを得ていたラスベガスでの常設公演「Britney: Piece of Me」の千秋楽を終え、同公演の欧米ツアーを発表したばかり。キャリア面では絶好調で、関係者がUs Weekly誌に明かしたところによると、ケヴィンはこの機会に、息子たちの子育てを通して自分がブリトニーのキャリアに与えている貢献を評価されたいと思ったのだという。

画像: 息子のサッカーの試合を観戦するブリトニーとケヴィン。

息子のサッカーの試合を観戦するブリトニーとケヴィン。

 近年は一緒に息子のサッカーの試合を観戦するなど、親として友好的な関係を築けている様子のブリトニーとケヴィン。今回の協議は代理人間で行われると予想されている。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.