カイラという女性が、亡くなったはずの祖母から高校卒業を祝うプレゼントが届いたと明かした。

 アメリカに住むカイラは、高校を卒業するときに父親からあるものを渡された。
 それは、4歳のときに亡くなったおばあちゃんからの手紙とプレゼント。
 実はおばあちゃんは亡くなる前に、14年後にカイラが高校を卒業するときに渡すために手紙を書き、それをカイラの父親であり自分の息子に託していた。

画像: 4歳の頃に他界したおばあちゃんから「高校卒業プレゼント」が届く

 中には、手紙と「卒業おめでとう」と書かれた紙、そして100ドル札が入っていた。

 おばあちゃんからの14年越しのサプライズに驚きとても感動したというカイラは、「私が本当に小さい頃におばあちゃんは亡くなったけれど、おばあちゃんのことはよく覚えてる。毎年バースデーケーキを作ってくれて、色んな所に私を連れて行ってくれた、最高のおばあちゃんだったの」とニュースメディアFresh Uに思い出を語った。

This article is a sponsored article by
''.