人気俳優のザック・エフロンが、映画『グレイテスト・ショーマン』の製作の裏側を公開した。

 日本でも公開され早2週間経つが、いまだ人気の衰えを知らない映画『グレイテスト・ショーマン』。
 この大ヒット映画に出演するザック・エフロンが、自身のインスタグラムにある1本の動画を公開。

 その動画とは、劇中でザックと主演のヒュー・ジャックマンが一緒に歌う曲「ジ・アザー・サイド」がレコーディングを終えて完成し、その音源をザックが初めて聞いたときの様子を収めたもの。

Zac Efronさん(@zacefron)がシェアした投稿 -

 この「ジ・アザー・サイド」は劇中で、ザック演じるフィリップをヒュー演じるP.T.バーナムが説得するシーンで歌われており、2人のテンポのよい掛け合いが聞きどころになる1曲。
そんな曲の仕上がりを聞いたザックは大満足の様子で、サビの部分では歓声をあげて大興奮。

 さらにザックはこの投稿で、「今週末行われるアカデミー賞授賞式での幸運を祈っている」とキャストへメッセージを送っている。

 アカデミー賞で『グレイテスト・ショーマン』は、歌曲賞で主題歌「ディス・イズ・ミー」がノミネートされており、同曲を歌うキアラ・セトルが授賞式でパフォーマンスを行う予定となっている。

画像: The Other Side (from The Greatest Showman Soundtrack) [Official Audio] www.youtube.com

The Other Side (from The Greatest Showman Soundtrack) [Official Audio]

www.youtube.com

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.