シンガーのビヨンセが、4月13日~15日、20日~22日に行われるアメリカ最大級のフェス「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル(以下コーチェラ)」に向けて体作りをはじめた。

 昨年ビヨンセは、ヘッドライナーとしてコーチェラに出演予定だったが、双子の妊娠が発覚し、その代役として友人であるレディー・ガガが出演。そしてその時に、翌年のヘッドライナーとして出演するという異例の発表を行った。

 そんなファンにとっても1年越しとなる今年のコーチェラのために、ビヨンセはあるダイエットを開始。
 それは、肉や乳製品を使用していないビーガン食を22日間食べ続けるというダイエット。

 

画像: ビヨンセ、出産後初めての大舞台を前に22日間のダイエットを開始

 実はビヨンセは、何度かこのダイエットを行っており、第1子であるブルー・アイヴィーちゃんを出産した際にもビーガンダイエットを行い、美しい元の体型へと戻すことに成功して、当時も大きな話題になった。 

 そのダイエットをビヨンセは、今回の最後の追い込みにも取り入れた。
 このビーガンダイエットでは、ビヨンセは長年のトレーナーであるマルコ・ボルヘスと立ち上げたビーガン食の宅配サービス「22 Days Nutrition」を使用しており、早速彼女は野菜がたっぷり乗ったアボカドトーストの写真をアップ。

Beyoncéさん(@beyonce)がシェアした投稿 -

 さらにビヨンセはコーチェラの練習にもすでに取り掛かっており、「コーチェラまであと44日!!ビーガンタイムよ!!」とコメントし、ダイエットにも練習にも意気込み十分。

Beyoncéさん(@beyonce)がシェアした投稿 -

Beyoncéさん(@beyonce)がシェアした投稿 -

 このダイエットでラストスパートをかけるビヨンセは、満を持して4月14日と22日に双子を出産してから初めてとなる大舞台に立つ。

This article is a sponsored article by
''.