アカデミー賞授賞式でキアラ・セトルが行った『グレイテスト・ショーマン』の挿入歌「ディス・イズ・ミー / This Is Me」の圧巻のパフォーマンスに、共演者やブロードウェイが続々と絶賛コメントを寄せている。

 世界的に大ヒットを遂げている映画『グレイテスト・ショーマン』の代表曲「ディス・イズ・ミー / This Is Me」は、第90回アカデミー賞では歌曲賞にノミネート。

 日本時間の5日に開催された授賞式では惜しくも受賞を逃したが、同曲を歌うキアラ・セトルが、会場で歌唱パフォーマンスを披露。

 映画さながらのステージに何人ものパフォーマーを引き連れて「ディス・イズ・ミー / This Is Me」を歌ったキアラは、途中、感極まり思わずこみ上げてきた涙をこらえながら熱唱。彼女の力強く圧倒的な歌声に会場は手拍子で応え、歌い終わると会場から大きな拍手とスタンディングオベーションが贈られた。

セレブが続々とコメント

 キアラのパフォーマンスに対し、キアラのキャリアが始った場所であるブロードウェイの公式ツイッターは「あなたを誇りに思います!」とツイート。

 さらに映画の共演者からもコメントが寄せられ、ヒュー・ジャックマンは「けた外れに素晴らしかった」と、ザック・エフロンは「言葉がないよ。キアラ、とても輝いていたよ」と、ツイートした。 

 映画『アナと雪の女王』オラフ役などで知られるジョシュ・ギャッドは、「何てことだ、キアラの声はこの世のものとは思えない」と、ブロードウェイミュージカル『レ・ミゼラブル』でキアラと共演したことがあるドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のガテン・マタラッツォは、「あなたは僕のヒーローだ」と、SNSから賛辞を送った。

 キアラが歌う「ディス・イズ・ミー / This Is Me」が収録されたアルバム『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』は最新のオリコン週間アルバムランキングで総合1位に輝き、実写映画のサントラとしては実に14年9ヵ月ぶりの快挙を達成した。

画像: セレブが続々とコメント

■アルバム情報■
『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』
絶賛発売中
¥1,980+税/WPCR-17962

▼収録曲
1. "The Greatest Show" - Hugh Jackman, Keala Settle, Zac Efron, Zendaya & The Greatest Showman Ensemble
2. "A Million Dreams" - Ziv Zaifman, Hugh Jackman, Michelle Williams
3. "A Million Dreams (Reprise)" - Austyn Johnson, Cameron Seely & Hugh Jackman
4. "Come Alive" - Hugh Jackman, Keala Settle, Daniel Everidge, Zendaya & The Greatest Showman Ensemble
5. "The Other Side" - Hugh Jackman & Zac Efron
6. "Never Enough" - Loren Allred
7. "This Is Me" - Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble
8. "Rewrite The Stars" - Zac Efron & Zendaya
9. "Tightrope" - Michelle Williams
10. "Never Enough (Reprise)" - Loren Allred
11. "From Now On" - Hugh Jackman & The Greatest Showman Ensemble

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.