あるカップルのプロポーズの瞬間に写りこむ「あるもの」が可愛すぎて、注目を浴びている。

 プロポーズは一生に一度で、ずっと記憶に残るものだからこそ、する側は時間をかけて計画を練るもの。そこで、ニック・ケルブルは、オハイオにあるシンシナティー動物園で彼女のヘイリー・ロールにプロポーズをすることを決意した。

 シンシナティー動物園には、赤ちゃんカバのフィオナが暮らしている。フィオナは2017年に未熟児で生まれるも治療を受け、スタッフからの愛情をたっぷりと受けて育てられ、すくすく成長しており、その可愛い姿でちょっとした有名人となっている。

画像: プロポーズの瞬間に写りこむ「あるもの」が可愛すぎて注目を浴びる

フィオナの前でプロポーズ

 交際1周年を記念して2人でフィオナに会いに行こうとヘイリーに提案したニック。そこでフィオナと写真を撮ってもらおうと他の人にヘイリーが携帯を渡し、振り向くとそこには指輪を持ってひざまづくニックの姿が。

画像1: ©instagram/hayley_roll

©instagram/hayley_roll

 感動的なこのプロポーズのシーンだけれど、よく見てみるとフィオナが2人の間でじーっと見守っているのが見える。このフィオナの様子が可愛すぎると、この写真はネットで拡散されることに。

画像2: ©instagram/hayley_roll

©instagram/hayley_roll

 もちろんプロポーズは成功! その後すぐにフィオナとの記念撮影をした2人だけれど、そこでもしっかりと2人の間のポジションを取るという神対応を見せてくれたフィオナだった。

This article is a sponsored article by
''.