配達に来たお兄さんが自分のタイプだった時、女性が取った行動が大胆すぎる。

 イギリスのケント州の大学に通うカリス・バークは、自分の家に荷物を届けに来たお兄さんの顔を見て、「タイプ!」と思うも、とくに会話をすることもなく終了。けれどどうしても彼が忘れられなかったカリスは、数人の友達とのグループチャットにそのことを報告した。

 「配達のお兄さんが、めちゃくちゃイケメンだったの。家の中に呼べばよかったかな」というカリスに、「番号を聞けばよかったのに」という友人。

画像1: 配達のお兄さんがタイプだった時、女性が取ったある大胆な行動とは?

 「すごい一瞬のことだったから」と後悔するカリスはあることを思い出す。それは、配達会社のアプリにそのお兄さんの電話番号が緊急用に載っていたのだ。

画像2: 配達のお兄さんがタイプだった時、女性が取ったある大胆な行動とは?

 それをスクリーンショットして、「これ、彼の番号かな」「メールしようかな」と乗り気のカリスは、なんと本当に彼にメールをすることに! そのメールの内容はコチラ。

画像3: 配達のお兄さんがタイプだった時、女性が取ったある大胆な行動とは?

カリス:戻ってきて
お兄さん:誰?
カリス:さっき荷物を届けてくれたでしょ。忘れ物したわよ。
お兄さん:(笑)分かった、忘れ物って何? 5分ぐらいで着くよ

 と、お兄さんが忘れ物をしたと嘘をついて呼び出すという大胆な行動に出たカリス。その間にこの行方について大盛り上がりしていたグループチャットに、カリスがある1枚の写真を送る。

画像4: 配達のお兄さんがタイプだった時、女性が取ったある大胆な行動とは?

 それはなんと、配達のお兄さんがカリスの家のソファでくつろいでいる写真。本当にカリスはお兄さんを家に招待したようで、このメールの内容を載せたツイートは、瞬く間に拡散された。

 この後どうなったかは分からないものの、カリスのこの積極的すぎるアプローチはひとまず成功したよう。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.